(この記事は実験のためPublickeyの記事から転送しています)

グローバルなIT産業の中でインドはオフショア先、特にBPO(ビジネスプロセス・アウトソーシング)を得意として成長してきました。

BPOとは、企業が業務(ビジネスプロセス)の一部を社外にアウトソースすることで、コールセンター業務や会計などの事務処理などが代表的なBPOの対象といえます。インドには米国企業のコールセンター業務を請け負っているという例が多数あることは、よく知られるところです。

インドの大手IT企業インフォシステクノロジーズの関連会社で、BPO業務を専門とするインフォシスBPOが、米国の中堅企業であるMcCamish Systemsを3800万ドル(約38億円)で買収したと11月12日に発表されました(同社が特定の売上げ目標に達した場合、さらに200万ドルを追加)。

買収されたMcCamish Systmemsは、米国で保険や金融分野でのBPOとそのためのアプリケーションやソリューションを提供している企業で、従業員は260名、約39のクライアントがあり、昨年の売上げは約3800万ドル(約38億2000万円)と米PC Worldで報道されています(参考:Infosys Acquires BPO Company in the U.S. - Business Center - PC World Business Center)。

Network Worldの記事「Infosys acquires BPO company in the U.S.」では、インフォシスBPOによる買収の目的を次のように書いています。

The acquisition will bring to Infosys BPO technology and products that McCamish has developed for the delivery of services to its clients, said Amitabh Chaudhry [CQ], CEO and managing director of Infosys BPO, in a telephone interview.

この買収によりインフォシスBPOは、McCamish Systemsが顧客にサービスを提供するために保有しているテクノロジーと製品を得ることができるだろう、とインフォシスBPOのCEOであるAmitabh Chaudhryは電話インタビューで話した。

また、PC Worldの記事「Software / Services November 11, 2009 10:20 PM Infosys Acquires BPO Company in the U.S.」では、以下のように分析しています。

Indian outsourcers are focusing on non-linear growth of revenue, that is less dependent on addition of staff, he added.

インドのこのアウトソース会社は、それは人員の増加に依存しない非直線的な成長を志向している、と彼(あるアウトソース会社のコンサルタント)はコメントした。

そもそもインドがアウトソースを得意としたのは、人件費の安さと英語が普及していること、そして米国との時差がちょうどよい、などの理由でした。もちろん最大の魅力は人件費が安いことだったのですが、今回の買収はそうした従来の強みから脱却し、付加価値によってさらに成長しようという姿勢の表れのように見えます。

アウトソース先だった国の企業が、アウトソース元の国の企業を買収することで成長しようとする、この流れは今後進むのでしょうか? だとすると今後、アジアのIT企業が日本のIT企業を買収する、ということもあるのでしょうか?

(元の記事は209年12月23日時点のタイトルの会社名検索で76位)

IBMは「eyeOS」と呼ばれるオープンソースのWebOSを開発しているeyeOSと協業し、来年の1月から同社のメインフレームであるSystem Zの顧客に提供を開始すると、ReadWriteWebが記事「IBM Gets Webtop From eyeOS, Eyes Google Chrome OS」で伝えています。

来年はWebをOSとした環境が次々に登場する

eyeOSのWebサイトにある説明によると、IBMはSystem zとその仮想環境を基盤とした「Solution Edition for Cloud Computing」の提供を発表しており、eyeOSはその仮想Linuxマシンのデスクトップ環境として利用されるとのことです。

ただしeyeOSのサイトの説明では、eyeOSは「sample virtual Linux desktop workload for the Solution Edition for Cloud Computing」と表現されているため、どうやら本番稼働用のデスクトップとしての採用ではないようです。

fig eyeOSのデスクトップ画面。ワープロやカレンダー、アドレス帳など基本的なアプリケーションは揃っているようだ

eyeOSは、主にPHPとXMLで開発された、Webブラウザの中で仮想的なデスクトップ環境を再現する、ウェブデスクトップとも呼ばれる環境です。一方で、グーグルが開発中のChrome OSJolicloudなど、WebブラウザそのものをOSに組み込み、Webアプリケーションの実行に特化した環境も来年には登場してきます。今年から来年にかけて登場してくる、Webを基盤としたアプリケーション実行環境は、果たしてどこまで市場に浸透していくのでしょうか。

(この記事は、Publickeyの記事「IBM、オープンソースWebOS「eyeOS」をクラウド用デスクトップに 」からの転載です)

Windows Azureの中身を調べていったら、これはビル・ゲイツの後継者としてマイクロソフトのCSAになった、レイ・オジーの遺伝子が組み込まれたOSなんじゃないか、と思うようになりました。

なぜか。

オンラインメディアで僕が興味があったのは、もっぱら従来のHTMLで表現できるテキストと図でどうやってコンテンツを作成するかでした。音声や動画のコンテンツは、実はあんまり興味がありませんでしたが、ここ数日で少しその認識が変わりました。

マイクロソフトがクラウドプラットフォームの「Windows Azure」を発表しましたね。クラウドと、それから仮想化が、これからの企業インフラまわりでの2つの大きな変化だと思うのですが、いまのところこの2つの技術分野でマイクロソフトは明確にフォロワーになってしまっていますね。

10月から本格的に新しいWebサイトの制作を始めているわけですが、当然ながらなにもないところから始めているので、まるで家を建てるのに設計図を考えつつ、建築のための道具も一緒に作っているような状態です。今日はその道具のほうのご紹介。

金曜日は2つのイベントを見てきました。手作りの、しかしそれなりに大きな規模のオープンソースカンファレンス。そして、毎年足を運んでいるイーンターナショナルオーディオショウ。

個人が作るメディア、プログラマーが作るメディア、というのがここ最近の新しいメディアの傾向だと思っていて、まあその傾向に自分も乗っかってやろうと思っているわけです。で、最近気になるメディアが2つ。

これから仮想化ソフトウェアを試そうと思うので、自分のためのメモ。

生存確認をかねてブログ更新です。

最近はほとんどtwitter以外の活動が観測されないワタクシでしたが、久しぶりに顔を世間様にさらす仕事をします。2つほど。

この数カ月、CSSについて勉強をしてきました(それだけしてたわけではないですが)。もともとCSSについてはたいした知識がなかったのですが、この数カ月で基本機能からアクロバティックな記述まで、いろいろ試しました。
退職して独立し、自分の年金をどう運用しようかいろいろ考えているところです。要するに、国民年金は加入する(のが当然)として、その上乗せをどうするか。上限である月当たり6万8000円を、国民年金基金にするのか、個人型401kにするのか、適当に配分するのか。
今年の夏の目標は中学のときの自己ベストを更新すること。

緑に囲まれた50mプールは平日は空いてるし、水もきれいだし、泳いでいても風が吹いてるのが分かって、気持ちがよくて涙が出そうです。



データベース技術ブログ「The Database Column」に、クラウド対応DBMSに関するエントリが掲載されているのを前回、紹介しました。と思ったらやはり、MySQLをスリムダウン化して、クラウドで運用するのに適した「Drizzle」が発表されましたね。

マイケル・ストーンブレイカー氏らが執筆しているデータベース技術ブログ「The Database Column」に、クラウド対応DBMSに関するエントリが掲載されていました。

会社を辞めて個人になると、会社員時代に自動的に支払っていた国民年金と厚生年金の代わりに、自力で年金について考えなくてはいけなくなります。健康保険以上に、これが面倒です。


会社員を辞めてしまうと、これまで会社で手続きしてもらっていたものをすべて個人で引き受けることになります。が、会社を辞めるのが10年ぶり2度目の僕としては、前に会社を辞めたときは大して手続きの手間はかからなかったよなあとナメていました。
先週の金曜日にはアイティメディアの株主総会がありました。今回の株主総会は特別です。なぜなら、昨年4月に株式公開をしたため、一般株主が参加する初めての株主総会だからです。
4月からはもう有給休暇で会社に行っていないのですが、本日6月11日がアイティメディアの正式退社日となります。お世話になったみなさまにあらためて感謝します。
インタビューを手伝ってほしいと@ITスタッフに頼まれたので、横浜パシフィコで行われたGoogle Developer Day 2008に行ってきました。
まだプロトタイプですが、これを足場に実験していくつもりです。

ブロガー

Junichi Niino
@IT発行人を2008年3月末で退任しました。いまはフリーランスとして、再び新しいメディアの立ち上げを目指して勉強中です。

最近のコメント

アイテム

  • itos2008b.jpg
  • itos2008a.jpg
  • stackoverflow.png
  • sasaki_mailmagazine.png
  • fig04.png
  • fig03.png
  • fig02.png
  • fig1.png
  • ogino_pool.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。